一般の方をはじめ、建築士。建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

建築士の皆様へ

二級・木造建築士 免許申請(新規登録)

HOME > 建築士の皆様へ > 建築士登録に関する諸手続きのご案内 > 二級・木造建築士 免許申請(新規登録)

免許の登録

二級建築士又は木造建築士になろうとする者は、それぞれ都道府県知事の行う二級建築士試験又は木造建築士試験に合格し、その都道府県知事の免許を受けなければならず、二級建築士又は木造建築士の免許は、それぞれ二級建築士名簿又は木造建築士名簿に登録することによって行う。
(建築士法第4条第2項、第5条第1項)

絶対的欠格事由(建築士法第7条)

次のいずれかに該当する者には、二級建築士又は木造建築士の免許が受けられません。

  1. 未成年者
  2. 成年被後見人又は被保佐人
  3. 禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者。
  4. 建築士法の規定に違反して、又は建築物の建築に関し罪を犯して罰金の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者。
  5. 建築士法第9条第1項第4号又は第10条第1項の規定により一級建築士、二級建築士又は木造建築士の免許を取り消され、その取り消し日から起算して5年を経過しない者。
  6. 建築士法第10条第1項の規定による業務の停止の処分を受け、その停止の期間中に建築士法第9条第1項第1号の規定により一級建築士又、二級建築士又は木造建築士の免許を取り消され、まだその期間が経過しない者。

相対的欠格事由(建築士法第8条)

次のいずれかに該当する者には、二級建築士又は木造建築士の免許が受けられない場合があります。

  1. 禁錮以上の刑に処せられた者(建築士法第7条3号に該当する者を除く。)
  2. 建築士法の規定に違反して、又は建築物の建築に関し罪を犯して罰金の刑に処せられた者(建築士法第7条4号に該当する者を除く。)

申請に必要な書類について

  1. 合格通知書(確認のため用意してください)
  2. 戸籍謄本又は抄本(提出時において発行日より6ヶ月以内のもの)
    [外国籍の方は、戸籍謄本(抄本)に代えて、住所地の市区町村で発行している住民票の写し(国籍の記載を含む・原本)を提出願います。]
  3. 登記されていないことの証明書(登記事項証明書)(提出時において発行日より6ヶ月以内のもの)
    ※法務局で申請してください。証明事項は一番上の「成年被後見人、被保佐人とする記録がない」にチェックしてください。
  4. 印鑑(認印で可。申請書に押印、他に訂正箇所があれば必要です。)
  5. 免許申請手数料(19,200円、現金をご持参ください。)
  6. 証明写真2枚
    6ヶ月以内に撮影のもの、無帽・無背景・正面上3分身
    縦45mm×横35mm(パスポート用サイズ)
    ※2枚同じ写真で、明るく・影がなく・鮮明であるもの。
    ※詳しくはこちらをご覧ください。
  7. 二級・木造建築士免許申請書(PDF)(記入例)
  8. 二級・木造建築士住所等の届出(PDF)(記入例)
  9. 二級建築士・木造建築士免許申請書(電算入力用)[新規用](PDF)(記入例)
    上記7~9はプリントアウトして事前にご記入いただけます。
  10. 本人確認ができる公的な身分証明書(原本)
    ※運転免許証以外の書類はこちらをご覧ください。

申請方法について

上記必要書類等を以下の点に注意してご用意のうえ、窓口にて申請してください。
※申請書(7~9)は必要事項を黒または青色のボールペンで記入してください。
※7及び9の申請書には裏面に「氏名」「大阪府」を記入した証明写真(6)を貼付すること。
※記入に際して同じ項目は略さず統一して転記し、書落とし、書間違いの無いように丁寧に記入してください。
※氏名については、戸籍等にある本名で記入してください。ただし、特別な字体・旧字体については、一般的な字体・
 新字体での記入が可能です。また、旧姓(戸籍に記載があるもの)および通称名(住民票に記載があるもの)の併記
 を希望される場合は、申請書(電算入力用)の所定の欄にご記入ください。
※誤記、削除をした場合は、二重消し線と訂正印押印のうえ訂正してください。

なお、郵送・メール等での申請は、受け付けておりません。また、書類不備、添付書類不足等の場合は受け付けできません。やむを得ない理由により本人が持参できない場合には、代理人でも結構です。その際には、上記の必要なもの以外に、やむを得ない理由を記した委任状と代理人に係る本人確認できる公的な身分証明書、申請者本人の証明写真がついている公的な身分証明書のコピーを持参ください。
ただしこの場合、受取りは必ず申請者本人になります。

交付について

申請から交付まで2ヶ月から3ヶ月ほど時間を要します。
交付の準備ができましたら、交付通知のハガキを送付いたします。

交付の際に必要なもの

  1. 交付通知のハガキ
  2. 本人であることが確認できる公的な身分証明書(運転免許証等)
  3. 印鑑(認印可)

申請者本人が申請した場合に限り、やむを得ない理由により本人が受理できない場合には代理人でも結構です。
(申請時が代理人の場合は、受取りは必ず申請者本人になります。)
その際には、上記の必要なもの以外に、やむを得ない理由を記した委任状と代理人に係る本人確認できる公的な身分証明書を持参ください。

建築人最新号2017年12月号

建築人最新号
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved