一般の方をはじめ、建築士。建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

建築士の皆様へ

二級・木造建築士 死亡等の届出及び免許取消申請

HOME > 建築士の皆様へ > 建築士登録に関する諸手続きのご案内 > 二級・木造建築士 死亡等の届出及び免許取消申請

死亡等の届出

大阪府で登録した二級・木造建築士が下記事項に該当することとなったときは、各項目の(  )に定める者は30日以内にその旨を届けなければなりません。(建築士法第8条の2)

  1. 死亡した場合(戸籍法による死亡の届出義務者)
  2. 後見開始又は保佐開始の審判を受けた場合(後見人又は保佐人)
  3. 禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者(本人)
  4. 建築士法の規定に違反、又は建築物の建築に関し罪を犯して罰金の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者(本人)

必要書類について

  1. 死亡等届出書(PDF)(記入例)
    ※上記はプリントアウトして、事前にご記入いただけます。
  2. 建築士免許証(免許証明書)原本
  3. 戸籍謄本(抄本)及び関係書類として、審判の書類、判決書の写し等
    (必要な書類は、事前に確認してください。)
  4. 印鑑(届出書に押印、他に訂正箇所があれば必要です。)

1については、記入例を参考にして、黒または青色のボールペンで記入してください。
書き落とし、書き間違いのないように注意してください。
誤記、削除をした場合は、必ず訂正印を押印し、修正してください。

免許の取消申請

大阪府で登録した二級・木造建築士が、免許の取消をしようとする場合は、その旨を申請しなければなりません。(建築士法第9条)

必要書類について

  1. 免許取消申請書(PDF)(記入例)
    ※上記はプリントアウトして、事前にご記入いただけます。
  2. 建築士免許証(免許証明書)原本
  3. 印鑑(申請書に押印、他に訂正箇所があれば必要です。)
  4. 本人であることを確認できる公的な身分証明書(運転免許証等)を提示願います。

1については、記入例を参考にして、黒または青色のボールペンで記入してください。
書き落とし、書き間違いのないように注意してください。
誤記、削除をした場合は、必ず訂正印を押印し、修正してください。

失踪宣告の届出

大阪府で登録した二級・木造建築士が失踪の宣告を受けた場合は、戸籍法による失踪の届出義務者は、失踪の宣告の日から30日以内にその旨を届けなければなりません。(大阪府建築士法施行細則第6条第3項)

必要書類について

  1. 失踪宣告届出書(PDF)(記入例)
    ※上記はプリントアウトして、事前にご記入いただけます。
  2. 建築士免許証(免許証明書)原本
  3. 戸籍謄本(抄本)又は失踪宣告書
  4. 印鑑(申請書に押印、他に訂正箇所があれば必要です。)

1については、記入例を参考にして、黒または青色のボールペンで記入してください。
書き落とし、書き間違いのないように注意してください。
誤記、削除をした場合は、必ず訂正印を押印し、修正してください。

上記諸手続きの申請方法について

上記必要書類を窓口にご提出ください。
なお、郵送・メール等での申請や、書類不備、添付書類不足等の場合は受け付けできません。
※遠隔地にお住まいで窓口へのお越しが困難な場合は、手続き前にお問い合わせください。
書類提出の際、申請者本人であることを確認できる公的な身分証明書(運転免許証等)を呈示願います。

※なお、ここでの申請者とは
死亡届・・・戸籍法による死亡の届出義務者
後見開始・保佐開始の審判届・・・成年後見人又は保佐人
失踪宣告の届・・・戸籍法による失踪の届出義務者
上記以外・・・本人

建築人最新号2017年6月号

建築人最新号
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved