一般の方をはじめ、建築士。建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

行政からのお知らせ

HOME > 行政からのお知らせ > 超高層建築物等における南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動への対策について

超高層建築物等における南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動への対策について

国土交通省において超高層建築物等における南海トラフ沿いの巨大地震による長周期地震動への対策が取りまとめられ、平成28年6月24日に公表されました。対象地域内において、平成29年4月1日以降に申請する性能評価に基づき超高層建築物等を新築する際の大臣認定の運用を強化するとともに、同区域内の既存の超高層建築物等について、対策を求める地震動の大きさが設計時の想定を上回る場合には、大きな揺れによる家具の転倒、内外装材や設備の損傷等による危害が発生するおそれがあることから、自主的な検証や必要に応じた補強等の措置を促すものです。
詳細は以下の国交省ホームページをご覧ください。

「行政からのお知らせ」の一覧に戻る

建築人最新号2017年4月号

建築人最新号
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved