一般の方をはじめ、建築士。建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

その他のお知らせ

HOME > その他のお知らせ > 国・登録有形文化財 栗原邸 継承のための一般公開

国・登録有形文化財 栗原邸 継承のための一般公開

この建物は、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)校長を務めた染色家の鶴巻鶴一の邸宅として1929年に建設されたものです。設計者は同校教授であった建築家・本野精吾(1882-1944)。
2007年にはモダニズム建築の保存に関する国際組織DOCOMOMO Japanより、優れた日本のモダニズム建築の1つとして選定され、2014年には国の登録有形文化財に登録されるなど、近年その文化財的評価が高まっています。
建物は老朽化により傷んでいましたが、2011年度より京都工芸繊維大学大学院の教育プログこの建物は、現在、購入者を探しています。建物の歴史的・文化的価値を継承し、長く居住もしくは活用してくださる方を希望しています。
この建物の歴史的・文化財価値や修復の成果を広く知っていただき、よりよい継承を実現するため、所有者の栗原眞純氏のご協力により期間を限定して公開することになりました。

公開日  : 5月20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)
公開時間 : 10:00~17:00
       ギャラリー・トーク 5月21日(日)・28日(日)14:00~15:00
       「住宅遺産栗原邸の可能性について」[講師]住宅遺産トラスト関西のメンバー
所在地  : 京都市山科区御陵大岩17-2
       京都市営地下鉄東西線御陵駅下車 2番出入口から北方面へ徒歩約10分
入場料  : 一般1,000円/学生500円(収益は栗原邸の修復費用に充当)
申込み  : 不要
       栗原邸の購入をご検討の方は、住宅遺産トラスト関西()まで。
       一般公開当日も会場で受け付けます。
主 催  : 栗原邸保存研究会/住宅遺産トラスト関西
後 援  : DOCOMOMO Japan/京都工芸繊維大学KYOTO Design lab/古材文化の会
問い合せ : 栗原邸保存研究会/住宅遺産トラスト関西(担当:笠原一人)
       [E-mail] / [FAX] (075)724-7250

建築人最新号2017年6月号

建築人最新号
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 入会案内
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved