一般の方をはじめ、建築士。建築士を目指す学生の方々に向けて建築に関する有益な情報を発信しています。

会員の皆様へ

理事会・委員会報告

HOME > 会員の皆様へ > 理事会・委員会報告

平成28年2月度 理事会 議事録
日 時2月15日(水)16時~18時
場 所本会会議室
出 席理事32名、監事1名
審議事項
(1)
一月の当期経常増減額は、収入10,595,308円、支出10,258,553円、差引336,755円で、本年度累計の収支差引は16,152,751円を報告して承認されました。
(2)
決算見込みは収支差引が約△12万円の赤字となることを報告し、12月末時点よりも赤字が減少したのは、登録閲覧事業、省エネ講習、青年委員会事業、表彰事業、耐震評価事業数の収入増加などが要因です。
(3)
次年度予算案は現状の決算見込額を主にベースとし、会費収入は決算見込額から100名分の減少を想定、病院機構の受託業務の継続、省エネ技術講習の新たな実施、既存住宅状況調査技術者講習を新設します。一方、受験講習会事業と住宅省エネ講習受託事業の終了、耐震評価業務の件数減想定、全国大会「京都大会」への参加登録費負担増などを見込み、収支額142,847,000円、差引額0円の予算案が承認されました。
(4)
29年度役員候補者選考委員会の検討による役員18名の留任、2名の会長推薦、5名の委員会推薦が承認され、各役員候補者を定時総会に諮ります。
(5)
受験講習会事業は、近年の受講者の減少や事業収支の低迷により事業負担が大きく、様々な工夫を重ねてきましたが事業の廃止が承認されました。
(6)
大阪弁護士会と本会は、災害時の被災者支援及び建築紛争解決等を行うことを目的とした相互協力に関する覚書を策定し、3/6に協定調印することが承認されました。

建築人最新号2017年3月号

建築人最新号
  • 本会の概要
  • 建築相談のご案内
  • 1級受験講習会 2級受験講習会
  • 入会案内
  • 建築士賠償責任補償制度(けんばい)
  • 建築物耐震評価業務
  • 建築士免許登録案内
  • 建築士定期講習
  • 監理技術者講習
  • CPD(継続能力開発)制度 専攻建築士制度
  • 耐震診断・改修講習会
  • 建築技術講習会
  • 寄附のお願い
  • メールマガジンご登録
  • 建築材料/設備機器メーカーリスト
PAGE TOP

copyright c 公益社団法人 大阪府建築士会 All Right Reserved